バランスディスク 使い方 腹筋 トレーニング

バランスディスクの使い方 腹筋トレーニング

このページでは腹筋をトレーニングするバランスディスクの使い方をいくつかご紹介します。

 

クランチ

仰向けに寝転び、バランスディスクの上にお尻をのせます。両足を浮かせて、ひざを90度に曲げます。両手を頭に添えて頭は軽く浮かせてください。この体勢からクランチを行なっていきます。
息を吐きながら体を丸めるように上半身を起こします。背中が浮くぐらいまで持ち上げます。
息を鼻から吸いながら上半身をゆっくり戻していきます。戻すときに地面に肩をつけないようにしましょう。10回3セット行ないます。

 

V字バランス

バランスディスクの上にお尻をのせ、手を後ろにおいて上半身を斜めに倒します。
両足をまっすぐに伸ばして持ち上げてください。
この状態でお腹に力を入れて10秒間キープ。2セット行ないます。呼吸は自然にしてください。

 

この運動に慣れてきたら、伸ばした足を上下させてみてください。その場合は10回2セット行ないます。腹筋に力を入れないと腰を痛めるので注意してください。

 

サイドプランク

バランスディスクの上に片肘をおいて、体を横向きにして寝転びます。
腰を浮かせて体が一直線になるようにしてください。
この体勢で10秒間キープを左右2セットずつ行います。下側のウエストに筋肉に効果があります。

  スポンサーリンク

バランスディスクの使い方 腹筋トレーニング関連ページ

バランスディスクの効果
バランスディスクのダイエット効果やバランス感覚の向上についての情報ページです。
バランスディスク スクワット
バランスディスクを使ったスクワットや体幹を鍛える片足立ちなどのやり方をご紹介します。
バランスディスク 椅子
バランスディスクを椅子の上に置いて座るトレーニング方法やその効果などお解説しています。
バランスディスク ゴルフ
バランスディスクを使ったゴルフ練習の効果やトレーニング方法についてお伝えします。
バランスディスク サッカー
サッカーのボディバランスの重要性やトレーニングでのバランスディスクの使い方などをお伝えします。