バランスディスク ゴルフ トレーニング

バランスディスクを使ったゴルフのトレーニング方法

ゴルフでは足腰のバランス感覚が良いと飛距離が伸びると言われています。

 

ゴルフではバランス感覚を鍛えるためにバランスディスクを使うトレーニング方法が以前から使われています。藍ちゃんこと宮里藍選手もバランスディスクでのトレーニングを採用している程です。

 

やり方はいたってシンプル。バランスディスクを2枚用意して、その上に左右の足を置いてスイングをするだけです。最初はなかなか上手くいかないと思いますが、続けていくとできるようになります。

 

慣れるまでは片足をバランスディスクに、もう片足は地面に置いてスイングの動きを行なってみてください。これを両足交互にやることで、バランスディスクに両足を乗せても上手くスイングができるようになります。

 

ちなみに宮里藍選手は片足だけでバランスボールに乗りスイングするトレーニングを行なっているといいます。バランスディスクに左足で片足立ちをして、右手だけでアイアンを持って4球打つ。次は逆の足でバランスディスクに乗り、左手でアイアンを持ち4球打つという練習方法だそうです。

バランスディスクを使ったゴルフの練習の効果

ゴルフのパフォーマンスを上げるためには、斜面からでもスムーズなスイングを打てるバランス感覚をつける必要があります。

 

バランスディスクを使ってトレーニングを行なうと、足の裏や足首だけじゃなく足腰や体幹が鍛えられ、体の軸がブレにくくなります。体の軸が安定するとどんな傾斜でもスムーズで正確なショットを打てるようになるのです。

  スポンサーリンク

バランスディスクを使ったゴルフのトレーニング方法関連ページ

バランスディスクの効果
バランスディスクのダイエット効果やバランス感覚の向上についての情報ページです。
バランスディスク 腹筋
腹筋をトレーニングするバランスディスクの使い方をご紹介しています。
バランスディスク スクワット
バランスディスクを使ったスクワットや体幹を鍛える片足立ちなどのやり方をご紹介します。
バランスディスク 椅子
バランスディスクを椅子の上に置いて座るトレーニング方法やその効果などお解説しています。
バランスディスク サッカー
サッカーのボディバランスの重要性やトレーニングでのバランスディスクの使い方などをお伝えします。