バランスディスク 使い方 サッカー トレーニング

サッカーのトレーニングでのバランスディスクの使い方について

サッカーではボディバランスを向上させることがは非常に大切です。
ボディバランスが良くなると、ボールを正確にコントロールしたり、相手に体を当てられても簡単には倒れなくなります。
また、崩れた体勢からでも正確なシュートを打つこともできるようになります。

 

このようにボディバランスはサッカーに欠かせない能力なのです。

 

サッカーでのバランスディスクの使い方

ボディバランスのトレーニングには、バランスディスクを使うと効率的です。

 

サッカートレーニングでのバランスディスクの使い方を説明します。

 

バランスディスクを床に置きます。
バランスディスクの真ん中に片足を置いて、片足立ちになりバランスをとりましょう。
この体勢から浮いている方の足でボールーを蹴る動きをします。足を前に振る感じです。
蹴ったら1回ずつ足を床につけます。
これを左右10回ずつ行ないます。ポイントはあまり強く蹴らないことです。

 

ボールを投げてくれる相手がいれば、この方法で実際にボール蹴ってみるといいでしょう。
2メートルくらいの距離からボールを投げてもらい、それを蹴って相手に戻すという方法です。
体の軸を意識して行なってください。

  スポンサーリンク

バランスディスクの使い方 サッカーのトレーニング関連ページ

バランスディスクの効果
バランスディスクのダイエット効果やバランス感覚の向上についての情報ページです。
バランスディスク 腹筋
腹筋をトレーニングするバランスディスクの使い方をご紹介しています。
バランスディスク スクワット
バランスディスクを使ったスクワットや体幹を鍛える片足立ちなどのやり方をご紹介します。
バランスディスク 椅子
バランスディスクを椅子の上に置いて座るトレーニング方法やその効果などお解説しています。
バランスディスク ゴルフ
バランスディスクを使ったゴルフ練習の効果やトレーニング方法についてお伝えします。