体幹トレーニング ストレッチ 方法

体幹トレーニングのストレッチをする際の注意点

ストレッチをす行なうときにいくつか注意点がありますのでお伝えします。

 

ストレッチを行なうときは息を吐きながらゆっくりと伸ばすようにしてください。伸ばしてキープしているときは自然に呼吸をします。息を止めてしまうと筋肉が緊張して逆に固くなってしまうので注意しましょう。

 

また、痛みを感じるまで伸ばしてはいけません。関節の稼動範囲は人それぞれなので無理をせず強い痛みを感じない程度に伸ばすようにしてください。反動をつけて勢いよく伸ばすのも絶対にNGです。リラックスして静止した状態からゆっくり伸ばすようにしましょう。

 

体幹のストレッチの方法について

背筋のストレッチ

立った状態で、体の前に腕を伸ばし両手を握ります。
息を吐きながら腰を少し落とし背中を丸めます。
猫背になって背筋を伸ばすのと同時に肩甲骨も開きましょう。

 

脇腹のストレッチ

両ひざを床について立ちます。
両手を頭の上にあげて片方の手でもう片方の手首を掴みます。
掴んだほうの手の方向に体を倒していきます。
逆側も同じように行ないましょう。

 

腹筋のストレッチ

うつ伏せになり左右の肩の横に手をつきます。
骨盤を床に押し付けるようにしながら、腕を伸ばし上半身をゆっくり持ち上げます。

 

お尻のストレッチ

仰向けになりまっすぐに寝転びます。
肩ヒザを胸にひきつけて両手で押さえます。
逆側も同じように行ないます。

  スポンサーリンク

体幹トレーニングのストレッチの方法関連ページ

ストレッチの効果
体幹ストレッチの効果やダイエット効果について解説しています。
肩のストレッチ
肩こりや肩の疲労に効果のあるインナーマッスルのストレッチ方法についての情報ページです。